看護部の理念

病院組織の中で専門職業人として習得した自己の技術、知識、精神を最高に効率的に活用し、患者さまにやさしい安全かつ計画的な看護を提供する。

看護部の目標

一人ひとりの患者さまの個別ニーズへの対応と、継続一貫した看護を提供することで地域住民に信頼される看護を目指す。

藤沢御所見病院看護部 看護師ラダー

当院の看護師は新人看護師の数より 3年目以降の一人前看護師、6年目以降の中堅以上の看護師が多く在籍しております。その多くは他病院など様々な環境で育成され、自己研さんして来ました。

よって、経験や慣れ親しんだ環境、方法などが人により異なり多様なスタイルの看護師が働いております。その多様性を生かしつつも藤沢御所見病院の看護師としてあるべき姿

  1. 根拠に基づいて、自分で考え、判断、行動できる看護師
  2. 相手の思いを傾聴し、自分の考えを毅然と伝えることができる看護師
  3. 常に「どうしたら良いか」を意識し、業務改善に繋げることが出来る看護師

離職率が低く、中堅層が厚いことで、キャリアアップ支援とリーダー層育成を中心にした教育と、 個々の希望や能力を重視して柔軟な対応が可能な研修計画となっています。また、個人としてのキャリアを形成のため、

この特殊性・多様性の強みを最大限に生かすために、当院独自の「藤沢御所見病院看護部 看護師ラダー」を作成いたしました。

※当院の看護師ラダーは日本看護協会の「看護師のクリニカルラダー」に基づき作成されております