PAGETOP

藤沢御所見病院 介護士チームCaregiver team

介護
プロフェッショナル
として

医療・看護・リハビリ・介護の
トータルチーム
Total Team

藤沢御所見病院の介護チームの特徴は医療・看護・リハビリ・介護のチームとして動くので、チーム内での介護士としての役割がしっかり確立されている事です。 介護課長や主任がいることも「介護チーム」として確立されていることによります。

プロとしての働き方
professional

患者様のお世話はもちろんですが、チーム内「介護チーム」として、より主体性を持って働いています。

  • 起居動作や入浴の可否についてなど患者様の状態に合わせての介護内容の提案をする事もあります。
  • 看護補助者の方も介護士の一員、介護のプロとして働いています。
  • ケアマネージャ−資格保有者がいますので、入院と退院後のご自宅での「生活」を繋ぐ役割を担います。
退院支援においての介護チーム
Support patients

60日でご自宅へ戻られることを前提とした「地域包括ケア病棟入院」では、ご自宅に戻られた後の「日常生活」に関係する部分を、ケアマネットワーカーを中心に介護士が担っていきます。

  • お風呂や移動、おむつ交換などのご家族への介護指導・工夫
  • 家屋調査に伺い退院に向けて、院内でできる介護を介護士・看護師への情報提供
  • 他職種から在宅での生活の相談や、自宅に戻る事が可能かなどの相談を受ける事もあります。

退院支援

退院後も患者様が自宅・施設などで安心した療養ができるよう、医療・看護・介護、生活における問題解決などを、院内・院外の他職種で連携し患者様、そのご家族に入院中から支援を行ないます。

ケアネットワーカー

入院時の介護と同時にご自宅へ戻られた後の「介護・望まれる日常生活」へスムーズに移行する為に、院内・院外の関係箇所と連携を図る事を担う藤沢御所見病院独自の役職です。

介護課長ご挨拶
Greeting
介護課長尾髙 実保 (写真左)
Miho Odaka

「チーム内役割」「やりがい」「資格取得」介護士としての働き方

医療的な指導は医師・看護師が担いますが、ご自宅へ帰られた後の日常生活で大きなウェイトを占める、お風呂や移動、おむつ交換などの家族への介護指導・工夫は介護士が担います。これはやりがいでもあり、求められるスキルでもあります。地域包括ケア病棟はご自宅に帰られることを前提にしているので、寝たきりの人が起きあがれるようになり、車椅子に乗り、自分で歩くようになるなど、目に見えて患者様の状態が改善していく事はやりがいとしてあります。当院はチームの中でも介護福祉士の割合は多いと思います。これは働きながら介護士福祉士の資格も取得できる事によります。また、看護師と関わる事が多いので看護学校に行って看護師になる方もいます。資格取得をしやすいように、実務研修へ行く事を考慮してシフトを調整したりなど、支援を行なっています。若い方から定年後の方も職員にいるので年齢層が広いのと、勤続年数が長いことも特徴だと言えます。早番遅番が無く日勤と夜勤のシフトも助かっております。

ケアネットワーカー(CNW)
介護課長橋本 美樹 (写真右)
Miki Hashimoto

入院と在宅の橋渡し役を担えるように

在宅介護から地域包括ケア病棟に配属され、入ってみてまずこういう病棟があるのだなと思いました。私は入院と在宅を繋ぐ橋渡し役として在宅に家屋調査に伺い、退院に向けて院内でやれる介護を看護師・介護士に共有します。同時に看護師・介護士から情報収集し、ご自宅へ戻られた際の介護について居宅支援事業所の担当ケアマネージャーさんに伝えていきます。在宅介護の経験と病棟内介護の経験がある事で、「退院支援」において両方の視点から院外のケアマネージャーに伝えられる事が多くあります。その時に居宅支援事業所の方から連携が取りやすいと言われることはやりがいを感じます。また、患者さんからもスムーズに家に帰る事ができた際に「よかった」と言ってもらえる時は嬉しいです。まだまだやりたい事、やれる事は多いですが、さらに入院と在宅の橋渡し役を担えるようになりたいと思います。

看護から見た介護チーム
Support patients
看護部長土田 佳世
Kayo tsuchida

看護師間でも介護士は介護のプロであり介護職員もチームの一員として働くという意識がしっかり定着しています。
ケアネットワーカー、介護課長は看護部の管理会議にも出席し、介護の視点からの意見を反映しております。

介護チーム勤続年数
Years of service
若い人から定年後の人まで年齢層が広く、勤続年数が長い職員が多いです。
5年未満
15人
5年〜10年
未満
10人
10年以上
17人