病棟・病床のご案内

藤沢御所見病院 病棟のご案内

藤沢御所見病院は、藤沢市御所見地区を中心に、寒川町、茅ヶ崎市北西部、綾瀬市において地域包括ケアシステムの医療体制を構築してまいります。

地域医療を担う「特定医療法人 グループプラクティス研究会」には外来診療・在宅診療・在宅看護、それらの中心として藤沢御所見病院においての入院診療があります。病棟は藤沢市の2次救急を担う「急性期一般病床」、回復期としての「地域包括ケア病床」、慢性期医療の「療養病床」から構成されております。

病棟の構成
病床数 内訳、詳細
一階病棟 38床 急性期一般病床 8床 地域包括ケア病床 30床
二階病棟 56床 医療療養病床
三階病棟 60床 医療療養病床

病棟案内図・病床紹介

1階病棟

急性期一般病床(8床)
  • 急性期の病気やケガの治療、回復を目的とした方が入院する病床です。
  • 当院は藤沢市の二次救急を担っており、一般病床はその受け皿となっています。
  • 救急外来等の受診で即入院が必要と判断した場合は、基本的には一般病床に入院します。
地域包括ケア病床(30床)
  • 急性期治療が終了し、比較的症状が落ち着いてきたが、すぐには在宅や施設に戻ることが難しい方に、在宅への復帰に向けての医学管理、診療、看護、リハビリを行います。
  • 在宅復帰に向けて、主治医、看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者等が協力して、効率的に患者様のリハビリや在宅支援(相談・準備)を行っていきます。
  • 一般病床では治療後退院となりますが、経過観察・リハビリなど在宅への復帰を目的とし、60日間入院が継続できます。
  • 退院後、在宅治療が必要な場合は、在宅診療部と連携し在宅医療への移行もスムーズに行います。
  • 60日で退院まで至らなかった場合、医療療養病棟への転棟も可能です。
入院費用について
  • 入院費は定額制(1日あたり)で、入院基本料、リハビリテーション、投薬、処置料、検査料、画像診断料などの費用(一部除外)が含まれます。
  • 高額療養費制度が適用されますので、月の医療費の自己負担上限は、一般病床の場合と変わりません。
  • ※差額ベッド代・病衣・おむつ代など保険診療対象外の費用は含みません。

2階病棟・3階病棟

医療療養病棟(2階病棟:56床 3階病棟:60床)
  • 急性期医療での治療の終了し症状は比較的安定しているものの、引き続き医療提供の必要性が高く、病院での療養、医療的ケアを必要とする患者様を対象とした病棟です。
  • 医療療養病棟は「在宅復帰機能強化加算」を届けており在宅復帰にむけて患者様を支援する体制を強化し、医師・看護師・介護士・リハビリ・ソーシャルワーカー等がチームとなって取り組んでいます。
  • 慢性疾患患者様に対して厚生労働省の定めに従い医療の必要度に応じた医療区分・ADL自立度(日常生活自立度)に応じたADL区分による包括評価を行っております。医療療養病棟は、主に医療区分2~3の医療必要度の高い患者様が入院する病棟です。

お問い合わせ先

地域連携室

FAX:0466-48-5522

月曜日〜土曜日 9:00〜17:00

日曜日・祝日:休み